組織図

平成25年度柏YEG組織図

委員会名をクリックするとメンバー紹介ページに飛びます

組織図

総務委員会

総務委員会基本方針

柏YEGメンバーが経営者としての自覚をもち時間厳守・AT回答を積極的に取組み、厳粛且つ自発的行動を促す例会運営を行う。また、経営者としての自己管理能力を高める例会を実施する。

事業計画

(1)礼節を重んじる例会・総会の運営及び担当例会の実施
(2)会員手帳・会員名刺の作成
(3)エンジェルタッチの積極的活用の促進
(4)関東ブロック大会・35周年事業への協力
(5)会員増強

 

社会福祉委員会社会福祉委員会

基本方針

高齢者、障害者、母子家庭など社会生活をする上で様々なハンディキャップを負っている人が、そのハンディキャップを克服し安心して社会生活を営めるようにする支援・制度について、メンバーが理解を深められる活動をする。

事業計画

(1)社会福祉に関する知識を高められる例会の実施
(2)介護に関する事業の実施
(3)関東ブロック大会・35周年事業への協力
(4)会員増強

 

会員委員会

会員委員会基本方針

柏YEGは我々経営者の力を発揮できる最高の場です。その柏YEGを未来につなげる為に、次世代を担う意欲ある会員の増強に尽力し、入会後のメンバーとの交流をバックアップします。

事業計画

(1)会員増強
(2)オブザーバー、新しいメンバーへの積極的な声掛けと
アフターフォロー
(3)メンバー間の交流を深める例会の実施
(4)関東ブロック大会・35周年事業への協力

 

親睦委員会

親睦委員会基本方針

柏YEG会員相互による「協働」を通じて生まれる、一つ一つの交流を大切にすることで大きな親睦の輪をつくりあげる。みんながやりたいこと楽しみたいことに着目し、実行することで、より楽しめる親睦事業を企画、運営する。

事業計画

(1)納涼例会の開催
(2)クリスマス例会の開催
(3)卒業生を送る会の開催
(4)総会の懇親会の開催
(5)みんなでつくる親睦事業の開催
(6)関東ブロック大会・35周年事業への協力
(7)会員増強

 

 

経営開発委員会

経営開発委員会基本方針

今、我々の置かれている厳しい経営環境の中、「ヒト・モノ・カネ」の経営資源を効率的に運用すること、現在の経営環境を把握し変化を捉え更には予測することの2つが必要であるとの考えのもと経営人として有るべき姿を啓発します。また、これらを通じ自らの手で将来に渡り自企業の発展を成すことが、地域経済を活性化させ地域貢献に寄与するとの考えに立脚した活動を行います。

事業計画

(1)経営人としての研鑽の機会を提供する例会の実施
(2)新興国の現状や日本との違いを知る為の事業の実施
(3)関東ブロック大会・35周年事業への協力
(4)会員増強

 

 

資質向上委員会

資質向上委員会基本方針

柏YEGは各企業や商工業の発展の一翼を担うことが責務と考えます。そのためにはメンバー一人ひとりが自らの資質をさらに高めなければなりません。そこで資質能力の総合的な向上を目標として、共に勉強しながら成長できる機会を提供していきます。また、経営者として抱えている悩みや各企業の経営課題をメンバーが持っている知識や経験を共有することで企業の発展に繋げていきます。

事業計画

(1)社会福祉に関する知識を高められる例会の実施
(2)介護に関する事業の実施
(3)関東ブロック大会・35周年事業への協力
(4)会員増強

 

 

地域研究委員会

地域研究委員会基本方針

柏市を取り巻く環境が日々変化していくなか、地域に対して柏YEGは何が出来るのかを研究し、柏市の魅力や地域貢献の大切さに気付ける例会を行う。またYEGの垣根を越え柏市内の他団体との連携を図った活動をし「柏の明るい未来」を見つけ出す事業をする。

事業計画

(1)柏の魅力や地域貢献の大切さを知る例会の実施
(2)柏市内の他団体と連携した事業の実施
(3)関東ブロック大会・35周年事業への協力
(4)会員増強

 

 

対外交流委員会

対外交流委員会基本方針

今年度は千葉の全国サッカー大会を皮切りに、八千代の関東ブロック大会、宇都宮の全国大会と関東で行われる大きな大会が目白押しの年です。そして何よりも、柏YEGの35周年という節目の年でもあります。各大会へのメンバーの積極的な参加及び、柏YEG35周年事業に全国のYEGメンバーが出席してもらえるよう促しながら、対外活動の大切さと、他単会のメンバーとの交流の楽しさを伝えて行きます。

事業計画

(1)全国サッカー大会・関東ブロック大会・全国会長研修会・全国大会への積極的な参加及び呼びかけ
(2)35周年事業の他単会への周知の橋渡し役
(3)他単会との積極的な交流
(4)日本YEG・県青連事業への積極的な参加
(5)対外交流活動の単会内への報告と周知
(6)会員増強

 

 

広報委員会

応報委員会基本方針

多様化し、変化し続けていく情報社会の中で、我々柏YEGの活動を迅速かつ効果的に広めていくためには、「想い」をのせた情報を発信し、組織内外における連携をより強固にする必要があると考えます。あらゆる広報媒体を有効活用し、他団体、そして地域市民 に対して「顔の見える柏YEG」を広報し、更なる信頼関係と相互理解を促進することで柏YEGを大いに盛り上げていきます。

事業計画

(1)35周年事業例会の実施
(2)柏YEGホームページの刷新・更新作業
(3)広報誌「はばたき」の発行
(4)35周年記念誌の作成・編集・発刊
(5)35周年事業における広報宣伝活動
(6)関東ブロック大会への参加・協力
(7)会員増強

 

 

35周年記念委員会

35周年記念委員会基本方針

「柏への感謝・報恩とこれからの柏YEGのために、いまの我々にできること」を具現化する35周年として、柏の活性化を目的とした周年事業を行政・諸団体と相互協力して実施する。また、例会である本事業の柏YEGメンバー出席率100% を目指すとともに、一年間を通じ柏YEG内の力を一つにまとめ、実りある35周年とする。

事業計画

(1)柏への感謝及び活性化を目的とした例会の実施
(2)次代に活かす会員対象総合意識調査の実施
(3)周年事業における企画及び調整
(4)関東ブロック大会への参加・協力
(5)会員増強

 

 

柏まつり特別委員会

柏まつり特別委員会テーマ 「メンバー全員で柏まつりを楽しみ連帯感を高めよう」

創立35周年を迎えた柏YEGメンバー全員が柏まつりに参加し連帯感を高められる活動をする。また柏まつりの華であるパレードを一味違った誰もが楽しめるパレードにする。